売るのはいつがいいの?

バイクを売る場合は、売る時期によっても少し金額が変わってきます。少しでも高く売りたいなら、売る時期も考えておくといいかもしれません。買い取ったバイクは、廃車以外に選択肢がないものを除いて、中古バイクとして販売されます。つまり中古バイクとして需要が高いほど、買取額も高くなる可能性があります。

バイクの需要が上がるのは、時期による違いもあります。バイクを買おと考える人が多い時期は、中古バイクも売れますのでその少し前に売れば、高く買い取ってもらえる可能性が高いのです。4月は新生活がスタートしますので、通勤や通学にバイクを使う人で、新車は無理だが中古なら買えるという人は中古バイクを探します。いずれ新車を買いたいが、最初は傷つける可能性もあるし、なれるために中古バイクを買うという人も増えるので、4月は中古バイクの需要が高まる時期です。

5月のゴールデンウィークや、夏休みには、社会人も長い休みが取れるので、ツーリングの計画を立てる人が増えます。同じ理由で紅葉やイベントが増える時期は、中古バイクの需要も増えるので買取額が高くなりやすいです。地域にもよりますが年末年始もツーリングに行けるので、年末年始も中古バイクの需要が増える傾向にありますので、その少し前は買取額が高くなる可能性があります。

査定で好印象なこと

査定をするのも人ですから、好印象なほど査定が良くなる可能性があり、逆に印象が悪いと査定に響くことがあります。だれだってバイクを売るなら少しでも高く売りたいと考えますし、これは自然なことです。バイクを買い取る場合は、買取店もバイクの価値を見極め、適正価格を提示します。どんなに粘っても、価値以上の価格になる事はありません。しかし査定するのが人である以上、多少の違いが生じるのは否めません。

査定士はバイクのことを知り尽くしたプロですから、バイクを見ればその人がどんな風にバイクを扱ってきたかがわかります。洗車されていて、見えない部分もこまめにメンテナンスをしていれば、大切に扱っていたことがわかりますので、好印象です。大切にされたバイクなら、少しでも高く買取りたいと思ってもらえるのです。

しかし洗車もせず、ろくにメンテンスもしていないと、査定士が見れば一目瞭然ですから、どうしても印象は悪くなります。バイクを雑に扱っているのに、高く買い取って欲しいと言われても、状態が悪いバイクを高く買い取ることはできないので、査定額にも差が出てしまいます。バイクのメンテナンスに関しては、可能な限りでもOKですが、せめて出張査定の前に洗車くらいはしておきましょう。

傷や凹みはどうする?

バイクに傷や凹みがあると、査定ではマイナス要素となります。傷や凹みにも度合いがありますので、見た目に明らかなひどい傷や凹みは、査定額にも大きく響きます。高く買い取ってもらいたい一心で、出張査定前に修理をする人もいますが、査定でマイナスになるより、修理に掛かる費用の方が高くなると、修理にかかった費用は自己負担となるので、査定にはほとんど影響しません。傷や凹みがあり修理したから、高く査定して欲しいと言っても、バイク価値以上に査定はつきません。この場合修理代を損する事になってしまいます。

傷や凹みがない綺麗な状態の方が査定にはプラスになりますが、仮に傷や凹みがあったとしても、売る前に修理できますし、自社工場で修理すればそれほど大きな出費にはならないので、マイナスになるとしてもごくわずかです。この場合は自分で修理はせず、そのままの状態で査定してもらうのがおすすめです。

もしも見えない部分に故障や修理した方がいい部分がある場合は、隠さず正直に申告しましょう。買取店がバイクを持ち帰ると詳しく検査するので、問題があればすぐにわかります。この場合は査定額が下がり、売る人への印象が悪くなってしまいますので注意してください。

バイク出張査定の心得

バイクを売るには買取店に買い取ってもらうのがおすすめです。買取額を決めるにはバイクを見て査定してもらう必要があります。買取店がすぐ近くにあれば、直接バイクを持って行って査定してもらうということもできますが、バイクが故障していてエンジンが掛からな状態や、買取店が遠くでバイクを持っていくのが難しいという場合は、バイクの出張査定が便利です。出張査定は、ほとんどの買取店で対応してもらえますし、出張費用などもかかりませんから気軽に依頼できます。

バイクの査定は買取店に持ち込んでも、出張査定でも基本的に査定基準は同じです。持ち込むと高く、出張査定では経費の分査定が安くなるということはありません。しかし少しでも高く買い取って欲しいなら、出張査定前にやっておいた方がいいことはいくつかあります。これをするのとしないのとでは、査定額に違いが出ますので、是非覚えて実行してみてください。

バイクの出張査定をしてもらう前に、やっておいた方がいいことはいくつかありますが、無理にやらない方がいいこともあります。バイクの印象を良くするのがポイントですが、やらなくてもいいことをやってしまうと、その分損をします。印象を良くしたことで、実際に高く買い取ってもらえるケースは少なくありません。高く売るコツは意外と簡単な事ですから、誰でも可能性はあります。少しでも高くバイクを買い取ってもらいたい時に、知っておくと役立つ情報を紹介します。