傷や凹みはどうする?

バイクに傷や凹みがあると、査定ではマイナス要素となります。傷や凹みにも度合いがありますので、見た目に明らかなひどい傷や凹みは、査定額にも大きく響きます。高く買い取ってもらいたい一心で、出張査定前に修理をする人もいますが、査定でマイナスになるより、修理に掛かる費用の方が高くなると、修理にかかった費用は自己負担となるので、査定にはほとんど影響しません。傷や凹みがあり修理したから、高く査定して欲しいと言っても、バイク価値以上に査定はつきません。この場合修理代を損する事になってしまいます。

傷や凹みがない綺麗な状態の方が査定にはプラスになりますが、仮に傷や凹みがあったとしても、売る前に修理できますし、自社工場で修理すればそれほど大きな出費にはならないので、マイナスになるとしてもごくわずかです。この場合は自分で修理はせず、そのままの状態で査定してもらうのがおすすめです。

もしも見えない部分に故障や修理した方がいい部分がある場合は、隠さず正直に申告しましょう。買取店がバイクを持ち帰ると詳しく検査するので、問題があればすぐにわかります。この場合は査定額が下がり、売る人への印象が悪くなってしまいますので注意してください。