査定で好印象なこと

査定をするのも人ですから、好印象なほど査定が良くなる可能性があり、逆に印象が悪いと査定に響くことがあります。だれだってバイクを売るなら少しでも高く売りたいと考えますし、これは自然なことです。バイクを買い取る場合は、買取店もバイクの価値を見極め、適正価格を提示します。どんなに粘っても、価値以上の価格になる事はありません。しかし査定するのが人である以上、多少の違いが生じるのは否めません。

査定士はバイクのことを知り尽くしたプロですから、バイクを見ればその人がどんな風にバイクを扱ってきたかがわかります。洗車されていて、見えない部分もこまめにメンテナンスをしていれば、大切に扱っていたことがわかりますので、好印象です。大切にされたバイクなら、少しでも高く買取りたいと思ってもらえるのです。

しかし洗車もせず、ろくにメンテンスもしていないと、査定士が見れば一目瞭然ですから、どうしても印象は悪くなります。バイクを雑に扱っているのに、高く買い取って欲しいと言われても、状態が悪いバイクを高く買い取ることはできないので、査定額にも差が出てしまいます。バイクのメンテナンスに関しては、可能な限りでもOKですが、せめて出張査定の前に洗車くらいはしておきましょう。